家庭裁判所調査官の予備校

家庭裁判所調査官の講座を開講している予備校(専門学校/公務員塾)を資料請求人気順にランキング形式で紹介。当サイト経由の資料請求・申込み数5万人以上のデータ(2006年~現在まで)の分析結果です。費用や住所も掲載中。

家庭裁判所調査官とは

家庭裁判所調査官とは、家事事件や少年事件の背後にある周辺環境や人間関係を調査する仕事です。家庭裁判所調査官は、裁判所総合職試験を経て就くことができます。裁判所書記官、裁判所事務官等と一緒に裁判所を支えます。

家庭裁判所調査官になるためには、家庭裁判所調査官補として採用後、裁判所職員総合研修所に入所し、約2年間研修を受けなければなりません。

家庭裁判所調査官の倍率と難易度

平成27年度の実施状況です。国家一般職の行政区分と比較すると、倍率は高いです。なかでも、2次落ちが多いという特徴があるので、しっかりとした対策が必要といえます。

 院卒者大卒程度
申込者196691
受験者155490
一次合格67189
二次受験64173
最終合格1541
倍率10.312.0

家庭裁判所調査官の公務員予備校ランキング

家庭裁判所調査官を目指すのに最適な専門コースが設置されている予備校は、現状ではLECあるいはクレアールの2校となります。ここでは、この2校について紹介します。

ランキング1位 クレアール = 安い!Web通信!

クレアール公務員パンフレット

クレアールの3つのポイント!

・お手頃な価格!
・心理系受験の第一人者高橋美保講師!
・受講期限の延長ができる!

クレアールは心理系の公務員予備校としては、毎年高い合格実績を出しており、数値も公開されています。

たとえば2016年度の合格実績では、裁判所総合職(家裁調査官補)の一次合格者が23名となっています。そのほか心理・福祉系では幅広く合格者を出しており、信頼できるスクールです。

Web通信教育ですので、校舎に通う必要がありません。とはいえ気になる2次対策は、講義と添削、希望者は都内の校舎にて模擬面接の実施もありますので、安心です。

家庭裁判所調査官を目指すためのコースとしては、「心理系公務員パーフェクトコース」「心理系公務員スタンダードコース」で幅広く併願する方法のほか、「家裁調査官・矯正心理併願コース」もおススメです。

費用的には20万円前後でコース受講でき、受講期限を1年間延長できる安心保証プランも追加できます。安心保証をオプションでつけても、予備校の中では最もお安い受講料となると思われます。

さらにクレアールの心理系講座には、最大の魅力があります。それは、「試験に出る心理学」「試験に出る臨床心理学」(北大路書房)など多数の著書を持っている高橋美保先生が講義を行っていることです。ですので、授業の質の高さにおいては間違いないといえます。

資料請求で高橋美保講師のセミナーDVD無料プレゼント!

クレアール心理DVD
今ならクレアール公式サイトから高橋美保講師のセミナーDVDを無料で請求できます!心理系公務員の仕事や学習に関する話が聞けるので、とてもためになります。

ランキング2位 LEC

LECは公務員予備校としての知名度はさることながら、長年心理系講座を開講してきた、実績のある予備校です。名が知れているという点では、クレアールを大きく上回るのではないでしょうか。

家庭裁判所調査官に関しては、「家庭裁判所専願コース」「家庭裁判所調査官・法務教官 保護観察官併願コース」があります。

LECもWeb通信をメインとした学校ですが、場所によっては生講義の開講もあります。全国に校舎があるので、近くに校舎がある人にとっては自習室を使えたりとメリットも大きい学校ですね。

公式サイトで
資料請求(無料)できます
LECオンライン(東京リーガルマインド)