労働基準監督官の予備校

労働基準監督官の講座を開講している予備校(専門学校/塾)を資料請求人気順にランキング形式で紹介。当サイト経由の資料請求・申込み数5万人以上のデータ(2006年~現在まで)の分析結果です。おおまかな費用や住所も掲載しています。

ランキング1位 LEC/レック = 面接に強い!

LEC公務員サイトトップ

LECの3つのポイント!

・大卒レベルに強い!
・上位合格多い!
・面接対策に強い!

LECは上位合格者が多いことで知られる大手資格学校です。なかでも公務員試験対策講座は大変人気がありますし、予備校選びに失敗したくない方にとっては無難な学校とも言えます。

受験生の多くが不安を抱える面接対策についても、重視したカリキュラムを組んでいますので、模擬面接をしっかりやっておきたいという方にとっては特に注目すべき予備校でしょう。

労働基準監督官のコース内容としては、労働法に労働事情はもちろん、難問が多い経済事情も専用講座にて対策。労働基準監督官専用の記述対策も含まれます。模擬面接も回数無制限です。

LECの所在地
北海道 青森 岩手
宮城 秋田 山形 福島
[関東]
茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川
[中部]
新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知
[近畿]
三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山
[中国・四国]
鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
[九州・沖縄]
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

コース参考料金
2017年・2018年合格目標

情報更新日:2017/3/1

労働基準監督官専願コース
通学 300,000円
通信 265,000円
スーパースペシャル(併願)コース
通学 391,000円
通信 351,000円

※入会金・教材費込

公式サイトで無料資料請求できます
公務員サイトはこちら

ランキング2位 TAC/タック = 大卒レベル強い!

TAC公務員講座パンフ

TACの3つのポイント!

・大卒レベルに強い!
・通信講座も人気高い!
・合格実績が高い!

TACはもともと大卒レベル試験では大変合格実績の高い評判の良い予備校ではありますが、労働基準監督官についても、毎年多くの合格者を出している実績があります。

労働基準監督官対策としておススメのコースは、人気ナンバー1である総合本科生です。労働基準監督官Aのオプション講座を追加することで、労働基準監督官を第一志望にしながらも、国家一般職や地方上級職など幅広く併願することができます。

労働基準監督官は、労働法や労働事情が多く出題されますが、これらの科目も対策できます。さらに独自の記述対策や面接対策、何度でも受けられる模擬面接もあり、万全な体制で試験本番の日を迎えることができます。
当サイト解説>>

TACの所在地
[北海道・東北]
北海道 青森 岩手
宮城 秋田 山形 福島
[関東]
茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川
[中部]
新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知
[近畿]
三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山
[中国・四国]
鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
[九州・沖縄]
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

コース参考料金

情報更新日:2017/3/01

2018年合格目標
総合本科生(通学) 314,000円
総合本科生(通信) 324,000円

※別途入会金10000円・教材費込

※オプション講座代別途必要

公式サイトで無料資料請求できます
資格の学校TAC

労働基準監督官とは

労働基準監督官は、試験内容が法文系の労働基準監督官Aと、理工系の労働基準監督官Bに分かれています。どちらも全国の労働局や労働基準監督署に勤務し、法定の労働条件の確保、改善を図る業務に従事します。

労働基準監督官の講座のある予備校

労働基準監督官専用のコースが設置されている予備校はとても少ないです。名の知れた予備校だと、TACかLECかの二択になるでしょう。どちらの学校を選んだとしても、労働基準監督官に特化したカリキュラムが組まれているので、必要とされる内容は全てカバーできます。

TACとLECの違い

・費用
最終的な費用としてはTAC>LECになると思われます。たとえばWeb通信講座の場合、入会金と割引を考えなかった場合、おそらくLECの方がTACより4万円近く安く済むことが想定されます。
・特徴
LECはWebフォローが標準装備ですが、TACは通学を選んだ場合のWebフォローは有料オプションとなります