平成29年度 地方上級行政系試験(都道府県)

・年齢要件→平成30年4月1日現在の年齢

都道府県年齢要件公式サイト
北海道22~30歳職員採用情報
青森県22~29歳職員採用情報
岩手県23~33歳職員採用情報
宮城県22~35歳職員採用情報
秋田県22~34歳職員採用情報
山形県22~39歳職員採用情報
福島県22~35歳職員採用情報
茨城県22~29歳職員採用情報
栃木県22~32歳職員採用情報
群馬県22~29歳職員採用情報
埼玉県22~30歳職員採用情報
千葉県22~35歳職員採用情報
東京都22~31歳職員採用情報
神奈川県22~30歳職員採用情報
山梨県22~35歳職員採用情報
長野県22~35歳職員採用情報
新潟県22~30歳職員採用情報
岐阜県22~29歳職員採用情報
静岡県22~28歳職員採用情報
愛知県22~29歳職員採用情報
三重県22~32歳職員採用情報
富山県22~35歳職員採用情報
石川県22~29歳職員採用情報
福井県22~34歳職員採用情報
滋賀県22~34歳職員採用情報
京都府22~35歳職員採用情報
大阪府22~34歳職員採用情報
兵庫県22~29歳職員採用情報
奈良県22~29歳職員採用情報
和歌山県22~35歳職員採用情報
鳥取県22~35歳職員採用情報
島根県22~32歳職員採用情報
岡山県22~30歳職員採用情報
広島県22~29歳職員採用情報
山口県22~29歳職員採用情報
徳島県22~36歳職員採用情報
香川県22~29歳職員採用情報
愛媛県22~34歳職員採用情報
高知県22~29歳職員採用情報
福岡県22~29歳職員採用情報
佐賀県22~29歳職員採用情報
長崎県22~29歳職員採用情報
熊本県22~35歳職員採用情報
大分県22~29歳職員採用情報
宮崎県22~29歳職員採用情報
鹿児島県22~29歳職員採用情報
沖縄県22~29歳職員採用情報

平成29年度 地方上級行政系試験(政令指定都市)

・年齢要件→平成30年4月1日現在の年齢

都道府県年齢要件採用情報
札幌市~29歳大卒職員採用情報
仙台市22~35歳職員採用情報
さいたま市22~30歳職員採用情報
千葉市22~28歳職員採用情報
東京特別区22~31歳職員採用情報
横浜市22~30歳職員採用情報
川崎市22~29歳職員採用情報
相模原市22~35歳職員採用情報
新潟市22~28歳職員採用情報
静岡市22~40歳職員採用情報
浜松市~28歳大卒職員採用情報
名古屋市22~30歳職員採用情報
京都市22~30歳職員採用情報
大阪市22~25歳職員採用情報
堺市22~28歳職員採用情報
神戸市~27歳大卒職員採用情報
広島市~29歳職員採用情報
岡山市22~34歳職員採用情報
北九州市22~30歳職員採用情報
福岡市22~30歳職員採用情報
熊本市22~32歳職員採用情報

公務員試験の受験資格
年齢制限内であること。「大卒見込」など学歴要件がある場合は、満たしていること。29年度試験で学歴要件があるのは、札幌市、浜松市、神戸市。そのほか、技術系では専攻要件・専門職では資格要件・一部市役所で住所要件などある場合も。

地方公務員試験の難易度

  • 地方上級:大卒程度。国家一般並or以上
  • 地方中級:短大卒程度。
  • 市役所:地方上級並~高卒程度。
  • 警察官:専門試験なし。市役所より易。

大卒程度とは?
「大卒程度の出題レベル」の意味。
実際に大卒でなければ受けられない試験は少数です。

まとめ

公務員試験は30歳を超えてしまうと、受験できる自治体が限られてしまうので、特に転職したいと考えている方は早めに準備を進めた方がいいです。予備校を利用される方は、国家一般職・地方上級の公務員予備校についてまとめたページも参考にしてください。

2017/04/21更新 リンク切れ変更しました
2017/07/20更新 年齢修正しました