合格実績について考える男性
公務員試験予備校の公式サイトやパンフレットを見ると、色々な学校で合格実績が掲げられていることに気が付きます。数千単位の数字が並び、随分多くの受験生が合格しているような印象を受けます。

数字は大きい方がいい!

単純にそう思ってしまいがちですが、よくよく見てみると、なんだか細かい点で色々違っているようで、比較が難しくなってしまっています・・・。

ここでは、東京アカデミー、タック、ワセダセミナー、レック、LEC、クレアール、大栄アビバ、大原の大手8校はどのように合格実績を公表しているか分析しています!このページを見ることで、大手予備校(専門学校/公務員塾)の合格実績の比較をざっくりとできますよ!

一番合格実績が高い予備校は?

最も気になることは、どの学校の合格実績が一番良いのか?ってことですよね。

最初に結論を書いてしまいますと、この学校が一番!というのは明確には判明しませんでした。学校によって合格者数の算出方法が違うので、比較ができませんでした。

発表されている数字(合格実績や受講生数)から利用者が多い予備校を予想すると、TACやLEC、東京アカデミー、大原だと思われます。

それでは、下記に各学校の合格実績をまとめましたのでご覧ください。

東京アカデミーの合格実績


引用url:http://www.tokyo-ac.jp/strength/

※2018年1月15日現在。2016年度の合格実績です。

「地方公務員に強い」をキャッチコピーとしている東京アカデミーです。警察官や消防士の合格者も多いようです。

大卒程度と高卒程度に分けているのは良いですね。

人数は1次合格者のべ人数とのこと。

地方公務員・大卒程度・高卒程度・警察官や消防官などの公安系に強いことがわかりますね。

公式サイトで
資料請求(無料)できます
東京アカデミー

LECの合格実績


引用url:http://www.lec-jp.com/koumuin/reason/jisseki/
※2018年1月15日現在。2016年度の合格実績です。

上位合格が多いことがLECの特徴です。例えば2016年度の合格実績では11の試験区分で1位合格者を輩出しています。

ちなみに、LECと同様の人気を誇るTACでは、2016年度の1位合格者の試験区分数は5つでした。この比較だけで単純にLECが優れているとまでは言えませんが、上位合格するようなレベルの高い受験生に選ばれている学校といえるでしょう。

キャッチコピーは「上位合格ならLEC」です。

公式サイトで
資料請求(無料)できます
LECオンライン(東京リーガルマインド)

TACの合格実績


引用url:http://www.tac-school.co.jp/kouza_komuin/komuin_jisseki_idx.html
※2018年1月15日現在。2016年度の合格実績です。

「大卒レベルの公務員試験に強い」をキャッチコピーとしているタックです。合格実績がすごく詳細です。

大卒レベルの国家公務員・地方公務員幅広い職種で合格しています。

合格先別に人数も掲載されているので、参考になりますね。最終合格者のべ人数での発表になっています。

公式サイトで
資料請求(無料)できます
資格の学校TAC

Wセミナーの合格実績


引用url:http://www.w-seminar.co.jp/koumuin_sougou/koumuin_sougou_jisseki.html
※2018年1月15日現在。2016年度の合格実績です。

こちらはキャリア公務員の予備校として有名なWセミナー。このほか外務専門職では、2017年度の合格者占有率87.5%ということでしたので、非常に高い合格実績といえますね。

公式サイトで
資料請求(無料)できます
Wセミナー

クレアールの合格実績


引用url:http://www.crear-ac.co.jp/koumuin/shinri_toieba/

クレアールは心理・福祉系の講座で合格実績が発表されています。

ほかの講座では数字の確認はできませんでしたが、合格体験記をみますと年度と合格先が記載されているので、参考になります。

クレアールパンフレット

資料請求すると公務員試験の実施結果、合格体験記などが掲載されたパンフレットがもらえます!
→公式サイトよりわかりやすい!割引情報も!

公式サイトで無料資料請求できます
クレアール公務員カレッジ

大栄アビバの合格実績

大栄の合格実績
引用url:http://www.daiei-ed.co.jp/school/fkawachinagano.php

大栄アビバでは、公式サイト上ではエリア別のページで確認することができました。

計算法など書いてありますが、字が小さくてよくわかりません。詳細はパンフレットなどで確認した方がよいと思われます。

公式サイトで
資料請求(無料)できます
初歩から資格取得まで 大栄

大原の合格実績

oharajisseki
引用url:http://www.o-hara.ac.jp/komuin/best/
※2018年1月15日現在、合格実績の掲載がなかったので、2015年度の合格実績です。
大原は進学先としての専門学校部門と、社会人部門の二種類あります。数字はまとめて発表されているようですね。

最終合格者実人数での発表とのことです。

公式サイトで
資料請求(無料)できます
大原法律専門学校

※専門課程へのリンクです

まとめ

以上、公務員試験対策講座を受講できる各学校の公式サイト上の合格実績をみてみましたが、学校ごとの違いはわかりましたか。

学校ごとに合格実績の算出法が違うので、比較は難しいですね。

最も確実なのは、直接合格実績や合格率を聞くことです。

いくら実績が良いといっても、第一志望が警察官なのに、警察官はほとんど受かっていません!なんていう学校は避けたいですからね。

合格実績に関しては地域によっても異なります。パンフレットに地域情報が記載されていることもありますので、確認してみるのもよいでしょう。