東京アカデミーパンフレット
東京アカデミーはテレビCMでも見かけるような大手の学校であり、公務員対策スクールとしては代表校の1つです。専門学校ではなく、資格学校の部類にあたりますが、公務員に注ぐエネルギーは大変大きいと言えます。

たとえば公務員講座で実績があり、東京アカデミーと同じくCMでも宣伝を行っている大原の場合、扱う資格ジャンルは34種類にも及びますが、東京アカデミーは公務員含め5種類。それだけ学校として公務員対策にかけるエネルギーが大きいと言えるでしょう。ここでは、東京アカデミーに資料請求したうえで、判明したことについてまとめています。

東京アカデミー 資料請求

1 地方公務員に強い

合格実績
東京アカデミーでは合格実績を随時公開しています。全体的に高い数値といえますが、特に他校と比べ地方公務員の合格者割合が高いというのが特徴です。

その理由として、まず学校自体が、地方公務員試験対策に最も力を入れていることがあげられます。地方公務員試験の対策ありきで、国家一般職・国家専門職がサブ的な位置づけですね。各自治体の試験傾向に特化しているので、カリキュラムが校舎ごとに異なるという特徴があります。

他校では講座の内容・カリキュラムをどこの地域でも同じものにしている例も多いのですが、東京アカデミーはその地域に合わせた講座内容・サービス提供をしているということです。ですので、料金も受講する校舎によって細かく違いがあります。

資料請求では、地域に合わせた内容のパンフレットが届きます。他校の場合、どのエリアに住んでいても全国共通パンフレットが届くものですが、東京アカデミーでは、東北の方には東北エリアの資料・関東の方には関東エリアの資料が届きます。さらに合格実績についても、全体の実績値のほかに、エリア単位の実績も記載されているので、参考になりますね。

2 完全生講義システム

東京アカデミーの大きな特徴として、完全生講義があげられます。他校の場合、生講義といいつつも、科目によってはDVDやWeb講義を取り入れている学校が多いので、その点で完全生講義というのは珍しいとも言えます。基本的に講師からの直接指導で合格を目指すということになります。

私も予備校は生講義で利用しましたが、やはり生講義は緊張感があって、授業の内容も映像講義などに比べ記憶に残るように感じました。授業終了後すぐに講師に質問できるという点も、大きなメリットです。

そして生講義の場合、学校側の講義日程に合わせる必要があるので、一定のリズムで授業を消化していくことなります。膨大な試験範囲を効率良く勉強していくためには、このように半ば強制的に学習を進めるというのは、有効な方法ではないでしょうか。

公務員を目指す他の受験生と一緒の空間で授業を受けるというのも、モチベーションの維持には大変効果的です。たとえ言葉を交わさなくても、同じ目標を持った受験生が周囲にいるというだけで、もっと頑張ろうという気持ちになれたりするものです。ひょっとしたら合格後、一緒の職場で働くことになる可能性もあるかもしれません。

生講義は欠席時どうなるのか心配になりますが、たとえば東北エリアの場合、普段の授業を毎回録音しているので、CD-RやUSBメモリーを持っていくと、休んだ分の音声データがもらえるそうです。いつもの先生の授業をそのまま聞くことができるのは良いですね。他のエリアでは欠席フォローの方法が若干異なってきますが、エリアごとのパンフレットには必ず記載されているので確認してみてくださいね。

3 2次対策について

東京アカデミーの人物試験対策

最終合格の最大を鍵を握るのが人物試験です。いくら筆記試験を高得点でクリアしても、人物試験で点数が取れなければ、一生公務員試験に受かることはできないでしょう。

東京アカデミーの人物対策は、通学受講生であれば回数無制限、何回受けても無料です。志望動機チェック、面接練習、集団討論、すべて含まれます。特に東京アカデミーの場合、完全生講義を採用しているために、もともとスタッフの数が多いという特徴があり、複数の講師からサポートを受けることができるので、より客観的な評価を得られることができます。

たとえば集団討論対策は、複数の受験者がいなければ成り立たないので、学校によっては対策自体実施していないことも多いです。東京アカデミーなら、1次試験に合格したものの、2次対策は個別面接のみで、集団討論の対策が含まれていなかった!なんてことにはならないので安心です。

4 受講料について

最後に肝心の受講料ですが、残念ながら東京アカデミーは他校と比べ比較的高い部類に入る学校です。たとえば、現時点のTAC1番人気コース総合本科生が推定636時間で入学金別教材費込で334000円です。一方、東京アカデミー東北エリアの一番人気コース「国家公務員・地方上級全職種対応総合コース」で、590時間で入学金別教材費込474000円です。

受講料教材費一覧

ただ、この数値の比較はTACの636時間に最も近い時間数のコースを探し出して比較しただけなので、入学時期によっては総時間数が少なくなり、よって料金もぐっと少なくなるといったことは起こりえます。

たとえば、東京アカデミーはTACの半額だった、でも総時間数はTACの1/3だった、とかですね。(東京アカデミーは終わった授業をDVD講義で追っかける、といったことをしないため、単純に総時間数が少なくなります。)

参考:TACの評判本音レビュー

それにしても、東京アカデミーの場合、入学時期や受講校舎によって料金が変わってくるので、一概には言えないですが、ざっくり比較して、他の予備校と比べリーズナブルとは言えない印象です。入学金からして、私が確認した時点では、TACは10000円に対し、東京アカデミーは30000円でした。

ですので、「予備校には通いたいけど、とにかく安く済ませたい」という方にとっては、予算外になる可能性があります。資料請求のパンフレット同封の合格体験記を見ても、「リーズナブル」という単語は見当たらず(ー_ー)

一方、東京アカデミーの通信教育は、一般的な公務員講座に比べて大変リーズナブルな金額となっていますので、予算的に厳しい方はこちらを調べてみるのも良いですね。

ただ、高いといっても、スタッフの数やサポート内容を考えると、結果的に仕方がないとも言えます。エリアごとの詳細料金については、公式サイトに記載がありますし、資料請求でもパンフレットに細かく記載されていますので、確認してみると良いでしょう。

コース参考料金(東京校)

情報更新日:2017/5/1

2017年合格目標
C日程市役所9月受験5月生 71,000円
高卒4月生夜間コース 108,000円
2018年合格目標
ベーシック夜土・土日部5月生 356,000円
市役所教養夜土・土日部5月生 231,800円

※入会金・教材費別

公務員試験ガイド

資料請求すると、今後の試験日程、倍率、採用予定者数、昨年の実施結果などすぐに調べることができる公務員試験ガイドがついてきます。

→併願先の検討に便利です(^-^)

公式サイトで無料資料請求できます
公務員/教員なら東京アカデミー