大栄の公務員講座
大栄はTACやLEC、大原、東京アカデミーといった学校と比較すると、公務員講座としての知名度はやや劣りますが、新聞やテレビCMで知られる大手の社会人向け資格学校です。近年パソコン教室のAVIVAと統合し、ますます教室数が増えています。

参考:アビバの公務員講座の評判レビュー

どちらかといえばマイナー校という印象がありつつも、公務員講座の開講歴は長く、これまで大栄を利用して合格した受験生は平成10年度以降2万人以上というしっかりとした実績を残しています。

大栄の特徴をざっくりまとめると

試験レベル:大卒・高卒
受験職種:国家一般職/地方上級/地方初級/市役所/警察官/消防官/国立大学法人
受講料金:予算26万円~(地方上級・国家一般職コースで45万円前後。時期で異なります。)
合格実績:地方公務員・警察官・消防官での合格者割合が多い
主な特徴
・講義はオンデマンド(映像授業)
・一部校舎では生講義あり(主に関西)

大栄の公務員講座の内容

予備校講師

教室へ通い、デジタルムービーで個別学習するというのが基本システムです。視聴日・時間帯を、各校受付または電話で予約し(前日まで)、教室で受講します。

一部、梅田校など生講義開講校舎もありますので、そうした教室では開講日時に合わせて通学します。

コース設定は地方初級・国家一般職(高卒者試験)コース、地方上級・国家一般職(大卒程度)コース、大卒教養対策コースがメインとなっており、シンプルな構成です。

講座の内容は、基本となる講義のほかに、月例試験や公開模擬試験、面接対策、論文対策などがあり、オーソドックスな公務員受験対策といった感じです。

気になる!大栄の合格実績

合格実績
大栄の合格実績として、詳細な全体数字や、毎年の数字というのは判明しませんでした。とはいえ、公式サイト上の校舎別のページでは、各エリア内での合格実績数を発表している場合がありますので、近くに校舎がある方は公式サイトの地域ページを見てみると掲載されている場合があります。

特に関西系の校舎では詳細を発表していることが多いようです。生講義開講校は、合格者数も多いですね。

公式サイト上の画像で確認した平成24年度の合格実績(1次)では、地方公務員合格者数が多く、なかでも合格者の4割近くが警察官・消防官での合格者でした。公安系受験生には心強い数字といえますね。

まとめ

全体の合格実績を見る限りでは、地方公務員、警察官・消防官、教養市役所、初級公務員での受験がおすすめといえます。とはいえ、生講義開講校では大卒公務員での合格者も多いのです。ですから、校舎によって評価に違いがあるとも言えます。

少なくとも、一定の実績がある学校であることは確かです。料金的には他の予備校と比較すると若干高いかもしれません。しかし、他に大手の公務員予備校が近所にないという受験生にとっては、多少高くなったとしても、貴重な選択肢の1つになるといえるでしょう。

初歩から資格取得まで 大栄